地域性の熟知が重要です

先生と男の子

地域性でスタイルを決める

塾の講師を経験したことのある人は、一度は独立開業を考えたことがある人も少なくないはずです。塾はその経営者によって大まかな運営方針が決められます。塾業界の場合はこの運営方針が「指導方針」となる場合も多々あるので、なかなか自分の思い通りの指導ができない場合があることもこの原因の一つです。しかし、塾を開業して商売として成立させることは簡単な事ではありません。これから塾を開業しようと考えている人は、開業時には特に以下の点を注意すべきです。1つ目は子どもの数を把握することです。これは現在の子どもの数の把握だけではありません。戸建住宅が多い土地ならば、子供の数はいずれ減少してしまいますし、逆に、マンションが多い地域やこれから開発が期待される地域ならそうとは言いきれません。つまり、子どもの数の推移といった先を見る力が重要なのです。2つ目は地域性を良く把握することです。特に運動が盛んな地域や、地域でのイベントなどが多い地域では、集団指導塾のような「何曜日の何時から授業」といった日時が固定されたタイプの運営形態は敬遠される場合があります。このような地域では指導日時に融通の効く、個別指導塾の方が地域制に合っていると言うことができます。また、その地域から通える進学先の学校がどのレベルの学校なのかによっても、塾の存在意義や開業スタイルが変わってくるはずです。このように、塾の開業には地域制の熟知が欠かせないのです。